保谷
保谷まほろば歯科

一般歯科から小児患者をまで幅広い患者様に対応、西東京市保谷にある歯科

 
  歯内治療(根管治療)  
 
ホーム 医院の特徴 インフォメーション
電話
ブログ
©保谷まほろば歯科. All rights reserved.
 


   
保谷まほろば歯科
   
  スペーサー
歯内治療(根管治療)

歯内治療(根管治療)とは

虫歯になり痛くないからと放置しておくと歯の根の管の中にバイ菌が入り増殖し次第に歯の根の先の顎の骨を溶かしていってしまいます。
歯の根の中を通っている血管や神経などを総称して「歯髄」と呼ばれます。
その歯髄が通っている管を根管と呼ぶため歯内治療は根管治療ともいわれています。
「歯の神経の治療」あるいは「根の治療」というとわかりやすいかもしれません。
汚染された神経を除去し、洗浄し、薬を埋め込み被せ物で覆うまでの一連の流れを総称したものが歯内治療(根管治療)となります。


影  
  スペーサー    
       
スペーサー 影 スペーサー 影 スペーサー





   
保谷まほろば歯科
   
  スペーサー
スペーサー

歯内治療(根管治療)の重要性

歯髄は根の先端から歯の中に入り、歯髄の中にある神経はあらゆる刺激を脳に伝達したり、毛細血管は栄養素を歯に送り込んだりする大切な役割をしています。
虫歯が進行し炎症を起こしたり外傷などでこの歯髄が損傷するとひどく痛んだり、最初は冷たいものだけに対してしみる感じが温かいものでもしみるようになったり、噛み合わせに違和感を感じる、歯肉が腫れる、時には発熱を伴うこともあります。
虫歯が歯髄に達するまでひどくならないうちに治療をしておくことが望ましいのですが、達してしまった場合にはこの歯内治療(根管治療)をしなければなりません。
歯内治療(根管治療)はすぐに終了するものではなくしばらくは通い続けなければなりませんが、今後のご自身の歯の健康寿命を左右するとても大切な治療になります。

歯内治療(根管治療)の重要性
影  
  スペーサー    
       
スペーサー 影 スペーサー 影 スペーサー



・歯内治療(根管治療)の流れ

歯内治療(根管治療)では、まず痛んで汚染された歯髄を取り除きます。根管のバイ菌を綿密に洗浄消毒します。綺麗になった根管のスペースに薬を入れていき、最後に被せ物をして歯の機能の回復を図ります。
当院ではその都度患者様と相談しながらしっかりと治療を進めていきます。





  太陽 保谷まほろば歯科
ホーム | 医院の特徴 | 診療科目 | インフォメーション
区切り
〒202-0004 東京都西東京市下保谷4-11-10
電話
区切り
診療時間 月〜金 9:30〜13:30 15:00〜20:30
     土・日 9:30〜13:00 14:00〜17:00
休診日  祝のみ
 
保谷まほろば歯科