保谷
保谷まほろば歯科

一般歯科から小児患者をまで幅広い患者様に対応、西東京市保谷にある歯科

 
  小児歯科  
 
ホーム 医院の特徴 インフォメーション
電話
ブログ
©保谷まほろば歯科. All rights reserved.
 


   
保谷まほろば歯科
   
  スペーサー
小児歯科

お子様の歯・口内の健康の重要性

小さなお子さんが虫歯になってもいずれ永久歯が生え変わるから問題ないと考えている親御さんも多くいらっしゃいます。ところがそれは大きな間違いです。
乳歯の虫歯は今後生えてくる永久歯にも影響を与えますし歯並びにも影響が出てきます。
大人の虫歯と違って子どもの虫歯の特徴的なことは、色が黒や茶に変色せず白いまま虫歯になっているということもあります。
また痛みの感じ方も大人と違うので痛いという自覚がなく進行している場合もありますので親御さんでも判別するのは難しいです。
小さい頃からのお口の環境を健全に保つことは今後の歯の状態のみならず健康状態にも関わってきますので予防、検診、治療にしっかりと取り組むことが大切です。
当院では前歯の乳歯が生え揃う一歳半前に通院し始めることをお勧めしています。


影  
  スペーサー    
       
スペーサー 影 スペーサー 影 スペーサー




虫歯治療


当院では余程の緊急性がない限り無理に治療は行いません。
嫌がることを無理に強いると今後の歯科治療への恐怖心や嫌悪感に繋がってしまいます。緊急で治療が必要な時や処置を行う際には徹底したコミュニケーションの時間を割き、お子さんが怖くない、痛くないと安心して治療ができるようにしています。




フッ素


乳歯は歯の表面のエナメル層が薄いため酸によって溶けやすく虫歯になりやすいのですが、フッ素には虫歯菌から作り出される酸を弱め、再石灰化を促す働きがあるので歯を強くし虫歯への抵抗性を高めることになります。
初期の虫歯ならフッ素塗布のみで治療することもあります。
丈夫な歯の育成のためにも定期的なフッ素の塗布をお勧めします。
当院ではフッ素塗布は無料となっておりますので、特に3ヶ月ごとに塗布することで効果的な虫歯予防が期待できます。




シーラント


フッ素を含んだ樹脂を奥歯の溝に埋め込んで虫歯を予防します。
これは奥歯に永久歯が生え始めた頃に処置します。
まだ生えたばかりの奥歯の溝には毎日のブラッシングでも取りきれない食べかすなどが残りやすくなっています。シーラントで覆うことで毎日のブラッシング効果も高まり虫歯予防になります。
また、シーラントは取れたり欠けたり時間の経過と共に劣化するものでもあるので定期的に歯医者さんでチェックをしてもらいましょう。




外傷歯の治療


お子さんは活発で行動的なため怪我や事故などで歯を損傷してしまうこともあります。
歯を転倒や強打などでグラグラしたり折れた状態で放置することはのちの歯の発達にも非常に良くないのです。
炎症がひどくなることも考えられますのですぐに歯医者さんに診てもらいましょう。
すぐに適切な処置をすれば修復する可能性も高くなります。
折れた部分は修復しグラグラの歯は元の位置に戻して一ヶ月ほど固定します。
また、抜けた場合は歯を冷たい牛乳につけて持ってきてください。






  太陽 保谷まほろば歯科
ホーム | 医院の特徴 | 診療科目 | インフォメーション
区切り
〒202-0004 東京都西東京市下保谷4-11-10
電話
区切り
診療時間 月〜金 9:30〜13:30 15:00〜20:30
     土・日 9:30〜13:00 14:00〜17:00
休診日  祝のみ
 
保谷まほろば歯科